• ホーム
  • WordPressの運用するのにおすすめなレンタルサーバー

WordPressの運用するのにおすすめなレンタルサーバー

パソコンとスマホ

まず、そもそもWordpressを使うためにはレンタルーサーバーというのが必要になります。これはデータを置くためのサーバーと呼ばれるもので、個人でも配置することはできます。ですが運用などの専門的な技術が必要になるため、レンタルーサーバーを利用する人がとても多いでしょう。

レンタルサーバーを選ぶためには、いくつかの基準が必要です。
まず、今回はWordpressを使用してサイト作りをするのですから、データベースというものとPHPというものが使えるかどうか、というのが基本です。データベースとはサイトの情報や情報をまとめた様々なデータの集合体で、PHPとはいわゆるプログラミング言語の一種です。
実は無料のレンタルサーバーではこのようなものが使えない場合が多いので、基本的にはWordpressの運用時には最低限この二つが使えるサーバーというのが条件です。

次に、サポートの存在や管理画面の使いやすさなどが重要です。
管理画面とはサイトの情報を管理する画面ですが、さらにサーバー内の情報や運営、様々なトラブルや対処法が書かれている物が多いでしょう。サポートは様々なことで困ったときに問い合わせが出来るサービスで、Q&Aの一覧やメール、電話、チャットなどでのサポートの選択肢が多い方が良いと考えられます。この二つは何か困ったときや、サーバーそのものの運用時に大きく影響してきます。

最後に、サーバーの転送量です。サーバー内で情報を組み立てて送信したり、サーバー内にある情報をそのまま送信するときにどのくらい送信できるか、というのがポイントになります。実はこれに上限があるものも多く、たくさんアクセスを稼ぐサイトになるとサーバーの転送量の上限に引っかかってしまうことがあるので、出来るだけ多いものを探す方がいいでしょう。

選び方としては次のようなポイントがあります。始めにPHPやWordpressの導入が出来る幾つかのレンタルサーバーをご紹介しましょう。

一つ目は、エックスサーバーです。これは高速で安定しているサーバーとしてよく知られています。多機能でWordpressの導入にも全く問題がありません。様々なサービスも充実しているため、エックスサーバーはある程度サイトを運営し慣れた人向けです。

二つ目はMixhostというサーバーです。共用サーバーで比較的安定して運用しているため、コストパフォーマンスにも優れています。しかし、Mixhostはまったくの初心者にはあまりお勧めできないという意見も見られます。

最後に、WpXというレンタルサーバーもあります。こちらは速度が速く、アクセス数を稼ぐサイトに向いています。選び方としては、全体的にアクセスが多いサイトや高機能な環境がいいという人にはWpXが向いているでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧