• ホーム
  • WordPressのアップデート、バックアップ処置の仕方

WordPressのアップデート、バックアップ処置の仕方

WordPressはシステムなので、時に変な動きになったり、まったく動かなくなったり、画面が真っ白になってしまう事があります。このため、定期的にバックアップを取り、昔の状態に戻せることが有用な対策となります。また、定期的にアップデートしないと、セキュリティホールがそのままになったり、ハッカーに目をつけられる可能性もあります。このため、定期的なWordpressのバージョンアップデートと更新を心がけましょう。

それではどの様にアップデートをすればよいのでしょうか、まずはその基本的な手順から紹介しましょう。バックアップを取ってからアップデートを行うことから始めましょう。

この時注意しなくてはならない点は、Wordpressにはメジャーチェンジとマイナーチェンジがあります。メジャーチェンジの場合は基本的にダッシュボードに案内が出て、更新するように勧められます。一方、マイナーチェンジの場合は自動的に更新がなされます。マイナーチェンジとメジャーチェンジの違いは、表示されるバージョンの小数点第二位以下の細かい数字が変更されるのがマイナーチェンジで、バージョンの1桁単位と小数点第一位くらいの数字が変更されるのがメジャーチェンジになります。なお、マイナーチェンジの場合は自動で行われるので、バックアップを取る必要はありません。自動でバージョンアップがあるのでほったらかしでも自動で更新されます。

バックアップはデータベースなどWordpressのサイト内の情報をすべて保存するもので、プラグインなどで行えます。当然FTPソフトを使って適切に都度都度ダウンロードするのも方法です。ただしデータベースは比較的量が大きいこともありますので、FTPソフトではかなり時間がかかる場合もあります。出来ればプラグインを使ってバックアップを取得する方法をとりましょう。

また、バージョンアップの際に注意したいのがプラグインの挙動です。一時的に使う場合は動くときに動けばよいのですが、常時起動させていつも動かしているようなプラグインがある場合、バージョンアップによって挙動がおかしくなったり使えなくなることがあります。

こうなると、サイト内の表示や挙動が変わったり、SEOに悪い影響が出る場合もあります。このため、それぞれのプラグインの挙動がおかしくなった場合は過去バージョンに戻すか、あるいはセキュリティを意識するなら別のプラグインの利用を考えるようにするのも方法でしょう。
基本的に過去バージョンに戻すのはセキュリティなどからあまりお勧めできません。アップデートの際にはよく注意しましょう。

関連記事