• ホーム
  • 読んでもらいやすい記事タイトルの付け方

読んでもらいやすい記事タイトルの付け方

記事タイトルはサイトというよりはそのページが一体何を示すか、というもので、実は検索サイトでもクリック率を上げたり拡散性をアップさせる事が出来るとても重要なものです。このため大体の人が工夫してサイトタイトルをつけているものなのですが、いろいろな工夫をしてつけ方を考えています。

この場合、タイトルのつけ方にはいろいろな方法があります。まず基本的には読みやすさが重要です。アクセスを稼ぐためには注意をひくような文字を使うというのがテクニックだった時代もありますが、今では煩わしがられることもあり、あまり好ましくありません。

次に、タイトルにすべて書いてしまうかどうかを考える必要があります。というのもタイトルにすべてを書くと、記事タイトルですべての記事の面白さを伝えることになるためアクセス数が稼げない場合もあるでしょう。しかし、その一方ですべての面白さを伝えることにより、注意をひける場合もあります。

もし意外な展開や体験談などの場合は、最後や落ちなどは出来るだけ最後まで隠しておきましょう。ギャップのあるような内容であればあるほど、出来るだけ最後まで読ませるようにタイトルですべてを話さないようにしておきたいところです。

一方、コンテンツ内で主張したいことが既に分かっている場合、結論を記事タイトルに書いても構いません。記事タイトル内に書いてしまうと、共感したりタメになる記事の場合はSEO的に有効な場合があるのです。

その一方で、注意したいことがあります。例えばあまり主張したくないような事やちょっと世の中には広く言えないような愚痴記事などの場合、タイトルに明らかにケンカを売るような単語だと悪い意味で注意を惹きます。特にコンテンツ内になかなか過激なことを書いていると、炎上しやすい傾向があるのです。このため、出来るだけタイトルにはあまり激しいことは書かないようにしましょう。

また、タメになるような記事の場合は最初からノウハウを書くのも読みやすさにつながります。ですが、最後まで手順を読んでほしかったり内容を読んでほしい場合は、最初からではなく結論は最後に書くようにしましょう。

記事の内容にギャップが無いようにするのも大事です。あることについて書いていて、その結論が大きく異なると、そのコンテンツへの理解や共感を持ってもらうことが難しくなるかもしれません。特定のものについて書くのであれば、出来るだけ記事タイトル内でもスタンスをしっかり示し、一貫性を持つことも大事です。

関連記事