• ホーム
  • ドメイン選びに中古ドメインを使ってみた結果

ドメイン選びに中古ドメインを使ってみた結果

インターネットのアイコン

ドメイン選びの話をすれば、中古ドメインというのもあります。中古ドメインとはかつてどこかで誰かがサイトを運用したり何らかのサービスのために取得したドメインで、最初からドメインの文字列を取る新規ドメイン取得とは性格が異なります。ここでは基礎的な知識と、使ってみた感想をご紹介しましょう。

中古ドメインの一番優れた点はトラフィックの獲得に尽きます。トラフィックとは様々なアクセスを集めるなどの動きで、サイトに集客をしやすかったり、リンクが既に張っているので使いやすい傾向があります。また、すでに存在しているので魅力的な文字列が既にあったり、個性的な文字列を取得できるなどのメリットがあるでしょう。基本的にいろいろなドメインを使う中でもターゲットを絞ったサイト運営をしている場合、ある程度アクセスを稼いでいる場合もあるのです。

幾つかの中古ドメインを購入して使ってみた感想としては、やはり良質な中古ドメインであれば、ある程度簡単にSEOを狙え、収益を狙えるというのがあります。例えば信頼性が高く、すでにインデックスされているような中古ドメインであれば、やはりそれなりに収益が期待できます。ある程度クローラーの訪問も確認されているので、比較的早い段階で結果を出せるでしょう。

その一方で、やはり当たりはずれがあると考えています。中古ドメインの中にはペナルティーを受けているようなドメインもあり、実際は取得してみるとサーチコンソールで警告が出たり、ペナルティーを受けているような状態のものもありました。そのため、必ず購入する前には運用履歴の確認が必要だと言えます。一方で、ペナルティーの有無は基本的に検索が難しい場合があります。そのため専門ツールや既に信頼性のあるツールで検索するなど、自分での対策が必要でしょう。

また、ペナルティーの有無を知るためにはインデックスされる前のサイトのテキストやSERPsなどもチェックしましょう。SERPsとはサイトの検索結果の際に現れるページのことで、このページでいかに上位に出るかが重要なSEO対策になります。該当する中古ドメインには、かつてどういう競合がいたのか、どういう風に対策をしていたのかなどを見ると、ある程度サイトの当たりはずれを確認できるのではないでしょうか。

事前の調査をしっかり行い納得して購入すれば、クローラーが来るペースも早いので良質なサイト作成にプラスになるでしょう。悪いものをつかまないように、サーチコンソールなどで注意しながら選択することが必要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧