• ホーム
  • サービス提供のドメインと独自ドメインの違い

サービス提供のドメインと独自ドメインの違い

パソコンを使用する男性

ドメインの取得にもいろいろな方法があります。最近ではいろいろな取得方法がありますので、何もこれじゃないといけない、というようなルールはありません。とはいえ、難しい場合が多いでしょう。それでは、どの様なドメインがいいかというと、いくつかの選択肢があります。サービス提供のドメインと独自ドメインというのがありますが、それらの違いを見ていきましょう。

まず、独自ドメインとは何かというと、単純に自分たちで取得した個性的な文字列のドメインという事になります。自分たちというのはサイト運営者を指し、企業や個人である場合が多いでしょう。もちろん、誰でも取得できますし、必要な文字列を申請すれば取得が可能です。ただし少々費用と取得に手間と費用がかかります。

サービス提供のドメインとはその名の通り何らかのサービス元が提供しているもので、文字列に制限などはあります。しかし、費用がかからないことや管理が楽なことなどから、利用している人は比較的多いでしょう。

違いはいくつかありますが、金銭面で考えるならサービス提供ドメインの方が安くなります。基本的に料金がかかりにくい傾向があるサービス提供ドメインに対し、独自ドメインはそれなりに手間や費用がかかりますから、料金面を節約したいのならサービス提供ドメインが良いでしょう。

一方、ブランディングや個性を発揮するならやはり独自ドメインです。サービス提供ドメインの場合は文字列が決まっていたり、自動で文字列が決まってしまったり、制限がある場合が多いのです。また、サブドメインといって文字列が実質自分では決められないような場合もあります。
このため、自分らしい文字列が使いたいというのなら、ブランディングを考えると独自の方が優れている場合が多いでしょう。

また、運用制限がかかる場合もあるでしょう。運用制限とは広告が出たり、アクセス数などに何らかの制限がかかる場合です。実際には自分の運用だけでは無い制限がかかる場合もあるので、少々使いづらい場合も出てくるかもしれません。特にサイトの運営で広告が自動挿入されたり、利用の際にアクセス数などで制限がかかるケースもあります。

基本的にサービス提供のものは独自仕様で作る・使うのではなく、比較的サブサイトやメインユースを避けるサイト用に利用する方がいいのかもしれません。なぜなら、基本的にこのようなサービスがあるものは自分で自由に使えないことが多いため、何かと制限がかかって面倒な場合が多いのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧